水漏れ修理はプロに頼もう|業者選びのコツを徹底リサーチ

リフォームと建て替え

修理

リフォームがいいか建て替えがいいか

住宅も長年住んでいると、あちこちで痛みや故障が起こります。 築25年ぐらい経過すると、住宅をリフォームするか建て替えをするかで迷う人も多いようです。 かつては、リフォーム自体が市民権を得ていたとは言い難く、住宅自体もリフォームすることを前提に作られていなかったため、建て替えをする人が多かったのです。 しかし、リフォームが市民権を得るようになると、リフォームんする人が増えてきたのです。 では、どちらを選ぶべきでしょうか。これは、その住宅に住む人の環境や、価値観、考え方やその事例によって異なります。 例えば、60代の夫婦が、築20年の住宅を一生住むつもりで自分たちのためにバリアフリーにしたい場合、リフォームよりも建て替えのほうが良いでしょう。

できるだけ少ない予算でと言う条件が付いた場合は

先ほどの例であれば、一生住むつもりであるとすれば、下手にリフォームをするよりも建て替えたほうが、安心して長期的に住めると考えられます。しかしながら、先ほどの条件に、「今後のことも考えて、できるだけ少ない予算で」という条件を付けるとすれば、リフォームをした方が良いかもしれません。 なぜなら、建て替えよりはリフォームをする方がお金がかからないからです。建て替えが1,500万円だとすれば、リフォームは1000万円もあればそれなりに立派なものができます。 住宅の耐用年数については迷うところですが、木造住宅であっても50年以上は建て替えをせずに使う事は可能です。 ただし、躯体の痛みや、耐震性の問題なども考慮に入れなくてはいけません。